counter

RSS対応 
里山を歩こう・画像掲示板

メールマガジン「里山を歩こう」の画像掲示板です。 【お知らせ】ハードウェア障害のため読み書きに支障が出ております。申し訳ありません。



[TOPに戻る] [検索] [展開表示] [一覧表示] [使い方] [過去ログ] [携帯で見る(QR)] [宿泊情報] [管理用]
お名前
メール   
★レスがついたときにメールでお知らせします。
URL
題名
メッセージ
 絵文字new
[]  [2次元バーコードに変換して書き込む]

※ 名前とメッセージは必須です。文章は全角5000文字まで。一部のタグが使えます([使い方]参照)。
いろ
アイコン[一覧]
アイコンURL(80×80pixelまで) 
 (アイコンURLが優先されます。 使用可能なアイコンはGIF,PNG,JPEG形式のみです)
 ※素材集サイト等からの直リンクはご遠慮ください。
添付画像:
  ※1MB以内のGIF、JPG、PNG、BMP、SWF(Flash)画像のみ有効。
 ※公序良俗に反するもの、著作権、肖像権を侵害する画像(いわゆる拾い物を含む)は投稿禁止(発覚次第利用停止)
※画像に直接リンクを張ることはできません。
 ☆ 幅320×高240pixel(横位置の場合)を超える画像は同サイズに縮小して表示されます。
 ☆表示された画像をクリックするとオリジナルの幅高さで表示されます。
 ※アイコンとの併用ができます。


 ※2次元バーコードは全角200文字までの文字列を変換します。
200字を超える文字列は200字以下に短縮されて変換します。(本機能は試験運用中です)


パスワード(修正&削除用) 




[1992]公園 umbr  
  No.1992 クリックすると拡大します(800×533pixel 261044bytes)
↑クリックすると拡大します (261044bytes)。
 
少し天気が良くなったので、トンボでもいないかな?と公園に
行って来ましたが、結局全然違うものばかり撮ってきた。

ベニシジミのカップル。
 
[2017/10/18(Wed) 22:56]

[1993]Re: 公園 umbr  
  No.1993 クリックすると拡大します(800×533pixel 273389bytes)
↑クリックすると拡大します (273389bytes)。
 
何故か花壇にアサギマダラ♂がいて必死に吸蜜していた。
 
[2017/10/18(Wed) 22:59]

[1994]Re: 公園 umbr  
  No.1994 クリックすると拡大します(800×533pixel 264909bytes)
↑クリックすると拡大します (264909bytes)。
 
アサギマダラの翅の白い部分は擦りガラスのように透きとおっている。
 
[2017/10/18(Wed) 23:04]

[1995]Re: 公園 マルタン2号  
 
渡り終盤の時期にしては、アサギマダラの翅はきれいですね。
最近は雨続きで、渡りもなかなか進まないのでしょうか。
 
[2017/10/19(Thu) 03:41]

[1996]Re: 公園 umbr  
  No.1996 クリックすると拡大します(800×533pixel 276968bytes)
↑クリックすると拡大します (276968bytes)。
 
アサギマダラはよほど腹が減っていたのか、ツマグロヒョウモンや
ヤマトシジミに混じって真剣に蜜を吸っていました。

別の花壇ではウラナミシジミが沢山出てきた。
 
[2017/10/19(Thu) 19:14]

[1997]Re: 公園 umbr  
  No.1997 クリックすると拡大します(600×800pixel 262712bytes)
↑クリックすると拡大します (262712bytes)。
 
ウラナミシジミは越冬するのかしないのか?

以前、早春にボロボロのウラナミシジミを見たことがありますが
越冬組かどうか判らない。
 
[2017/10/19(Thu) 19:39]

 
 
スポンサードリンク


[1987]ツチイナゴ umbr  
  No.1987 クリックすると拡大します(800×533pixel 276081bytes)
↑クリックすると拡大します (276081bytes)。
 
7月にはこんなに小さかったツチイナゴのお子様。
 
[2017/10/13(Fri) 22:22]

[1988]Re: ツチイナゴ umbr  
  No.1988 クリックすると拡大します(800×533pixel 298820bytes)
↑クリックすると拡大します (298820bytes)。
 
色が変わってすっかり大人になりましが、涙目は変わらず。
 
[2017/10/13(Fri) 22:24]

[1989]Re: ツチイナゴ umbr  
  No.1989 クリックすると拡大します(800×532pixel 287984bytes)
↑クリックすると拡大します (287984bytes)。
 
大きさはトノサマバッタよりやや小さいがイナゴとしては大きい。
カメラを気にせずバリバリ葉っぱを喰う。住んでいる所の周りが
全部エサになる。いわゆる「食うに困らない」と言うやつですな。
 
[2017/10/13(Fri) 22:30]

[1990]Re: ツチイナゴ マルタン2号  
 
ツチイナゴは成虫越冬なので、
これから来春まで生き続ける長生きのバッタです。

個人的には、春によく見かけるような気がします。
 
[2017/10/14(Sat) 06:29]

[1991]Re: ツチイナゴ umbr  
  No.1991 クリックすると拡大します(800×533pixel 295478bytes)
↑クリックすると拡大します (295478bytes)。
 
こちらはハネナガイナゴですかね〜??

カップルをよく見かけますが、皆水辺の近くにいる。落ちたらヤバイ
と思うんですが(カエルや水鳥のエサになる危険が・・・
 
[2017/10/14(Sat) 18:31]

 


[1981]バタフライガーデン umbr  
  No.1981 クリックすると拡大します(800×533pixel 277648bytes)
↑クリックすると拡大します (277648bytes)。
 
公園のヒヨドリバナにアサギマダラがやって来ました。

この公園ではバタフライガーデンと称してオミナエシ、ヒヨドリバナ、
フジバカマなど植えていてそこにアサギマダラがまんまとやって来た
わけです。
 
[2017/10/10(Tue) 21:38]

[1982]Re: バタフライガーデン umbr  
  No.1982 クリックすると拡大します(800×533pixel 276795bytes)
↑クリックすると拡大します (276795bytes)。
 
アサギマダラを見ているとフラフラと飛ぶのは遅いし、停まったら
なかなか動かないしで、捕まってマーキングされても仕方が無いとも
思える。この蝶が何千キロも旅をするとは信じられないが、翅は大きく
風に乗って飛んでいくのだろう。痛めつけず自由に旅させてやりたい。
 
[2017/10/10(Tue) 21:48]

[1983]Re: バタフライガーデン umbr  
  No.1983 クリックすると拡大します(800×533pixel 283773bytes)
↑クリックすると拡大します (283773bytes)。
 
バタフライガーデンにはもちろん他の蝶もやってきて、ツマグロヒョウモンや
特にアオスジアゲハはアサギマダラの邪魔をしたりする。
 
[2017/10/10(Tue) 21:54]

[1984]Re: バタフライガーデン umbr  
  No.1984 クリックすると拡大します(600×800pixel 296621bytes)
↑クリックすると拡大します (296621bytes)。
 
近くで交尾するアオスジアゲハのカップル。
いつもは忙しく飛び回っているが、こうなると長い間動かなくなる。
 
[2017/10/11(Wed) 19:50]

[1985]Re: バタフライガーデン マルタン2号  
 
今はアサギマダラのシーズンですね。
鷹の渡りを見に行くと、
多くのアサギマダラが上空を飛んでいきます。
 
[2017/10/11(Wed) 19:59]

[1986]Re: バタフライガーデン umbr  
  No.1986 クリックすると拡大します(800×532pixel 287685bytes)
↑クリックすると拡大します (287685bytes)。
 
↑鳥に襲われたりしないんですかね?? 大きい割には食べるところは
少なそうですが・・・

←記号を検索してみたが何処の誰が書いたのかも判らない。
どうもどっかのバカが個人的に書いて放蝶したようだ。
こんなわけの判らん記号を書かれて旅をするのはかわいそうと思わないのか。
 
[2017/10/11(Wed) 22:06]

 


[1976]意外な場所 umbr  
  No.1976 クリックすると拡大します(800×533pixel 276393bytes)
↑クリックすると拡大します (276393bytes)。
 
公園の小さな花壇にカマキリがいたので撮ろうとすると、何か
チラチラ飛び回るモノがある。よく見るとイトトンボでした。

たぶんアオモンイトトンボだと思うが、花がいっぱいのこんな
所に居るのを見たのは初めてです。
 
[2017/10/07(Sat) 22:20]

[1977]Re: 意外な場所 umbr  
  No.1977 クリックすると拡大します(800×533pixel 251419bytes)
↑クリックすると拡大します (251419bytes)。
 
たぶんですが、花に集まる小さな虫狙いで待機している??
それにしても頭が良いというか、回りくどいような気もするが・・・
 
[2017/10/07(Sat) 22:24]

[1978]Re: 意外な場所 umbr  
  No.1978 クリックすると拡大します(800×533pixel 306024bytes)
↑クリックすると拡大します (306024bytes)。
 
全部で3,4頭、♀もいた。別に迷って来たのではなさそうだ。
池までは20m位、近いと言えば近い・・・
 
[2017/10/07(Sat) 22:30]

[1979]Re: 意外な場所 マルタン2号  
 
陽当たりとか見通しなどが、
トンボにとって好都合だったのかもしれませんね。
 
[2017/10/08(Sun) 05:09]

[1980]Re: 意外な場所 umbr  
  No.1980 クリックすると拡大します(800×533pixel 300809bytes)
↑クリックすると拡大します (300809bytes)。
 
だいたいのトンボや蝶は予想外の所にいたりする。

去年見た所やこの辺には居そうだというのが当たるのは2,3割
の確率ですかねー。時間によっても違うし、一期一会というしかない。
なにげなくフト立ち寄ったところに珍しいのがいたりして、これはこれで面白いが。。。
 
[2017/10/08(Sun) 20:09]

 


[1971] umbr  
  No.1971 クリックすると拡大します(800×533pixel 253359bytes)
↑クリックすると拡大します (253359bytes)。
 
以前(6月30日)投稿したクロベンケイガニ、夏の暑いあいだ居なくなって
いたのですがまた出て来ました。
調べてみると夏は産卵のため海の近くまで行っているらしい。
しかしこの池から海までは10K近くありすぐ前に海とつながっている川が
あるとはいえ、行きは良いとしてどうやって帰って来たのか??
 
[2017/10/04(Wed) 23:14]

[1972]Re: 蟹 umbr  
  No.1972 クリックすると拡大します(800×533pixel 289161bytes)
↑クリックすると拡大します (289161bytes)。
 
小さい蟹も沢山居たがみな逃げ足が速い。
これも海で生まれてこの池にはるばる帰って来た??
 
[2017/10/04(Wed) 23:21]

[1973]Re: 蟹 umbr  
  No.1973 クリックすると拡大します(800×533pixel 274739bytes)
↑クリックすると拡大します (274739bytes)。
 
今回新たにわかった事。

写真の蟹のツメと目玉の根元にある規則正しいブツブツに見える
網戸状のところから水を取り入れ、その後口から水を吐き出して
再度網戸に循環させ呼吸しているらしいです。
 
[2017/10/04(Wed) 23:36]

[1974]Re: 蟹 マルタン2号  
 
クロベンケイガニは迫力のある顔つきをしていますね。

子どもの頃はよく蟹釣りをして遊んでいました。
こちらでよく見るのはアカテガニでした。
 
[2017/10/05(Thu) 03:13]

[1975]Re: 蟹 umbr  
  No.1975 クリックすると拡大します(800×533pixel 266950bytes)
↑クリックすると拡大します (266950bytes)。
 
子供時代の蟹釣りといえばもっぱらザリガニ釣りでした。スルメを
タコ糸にくくりつけて水面に上がって来たところを網で掬い取る。
と、言うのはシロートの遊び。

私は巣穴を見つけては素手でハサミを掴んで引っ張り出す荒業で
大きなアメリカザリガニを何匹もゲットしていました。
今考えるとかわいそうな事をしていたものです。
 
[2017/10/05(Thu) 21:52]

 


[1963]アオイトトンボ umbr  
  No.1963 クリックすると拡大します(800×533pixel 254915bytes)
↑クリックすると拡大します (254915bytes)。
 
近くの草叢で待機していたアオイトトンボが池に帰ってきた。
シオカラ等の大きめのトンボがほぼ居なくなったからでしょうか?
 
[2017/10/02(Mon) 01:29]

[1964]Re: アオイトトンボ umbr  
  No.1964 クリックすると拡大します(800×533pixel 296633bytes)
↑クリックすると拡大します (296633bytes)。
 
相変わらず美しい。

今年は何故かアオイトトンボばかり見かけた。オオアオイトトンボも
居るのだが数は少ない、去年とは全く逆でした。
 
[2017/10/02(Mon) 01:35]

[1965]Re: アオイトトンボ umbr  
  No.1965 クリックすると拡大します(800×533pixel 288290bytes)
↑クリックすると拡大します (288290bytes)。
 
これは未だに池から離れた草叢に居たのですが、アオイトトンボの
♀なのかオオアオイトトンボ♀なのかよく判らない??
 
[2017/10/02(Mon) 01:45]

[1966]Re: アオイトトンボ マルタン2号  
 
この時期、アオイトトンボの仲間はよく見かけますね。

3枚目の画像はアオイトトンボの雌だと思います。
 
[2017/10/02(Mon) 05:25]

[1967]Re: アオイトトンボ umbr  
  No.1967 クリックすると拡大します(800×533pixel 184598bytes)
↑クリックすると拡大します (184598bytes)。
 
どうも有り難うございました。トンボの同定(特に♀)は難しい。

リンク集にある「神戸のトンボ」(アドレス変わってます)を見ると、
オオアオ♀とアオイトトンボ♀の見分け方が載っていました。
上の色の濃い部分が矢印の下線に広く着いているのがオオアオ♀
と言う事ですが、かなり微妙ー。
 
[2017/10/02(Mon) 19:14]

[1968]Re: アオイトトンボ マルタン2号  
  No.1968 クリックすると拡大します(800×504pixel 344496bytes)
↑クリックすると拡大します (344496bytes)。
 
オオアオイトトンボはもう少し緑色斑の端の部分が広がっているような気がします。
私が撮影したオオアオイトトンボ雌で確認してみてください。
 
[2017/10/02(Mon) 19:45]

[1969]Re: アオイトトンボ umbr  
  No.1969 クリックすると拡大します(800×533pixel 292186bytes)
↑クリックすると拡大します (292186bytes)。
 
↑これは判りやすいです。

←別の所で撮った、オオアオイトトンボ♀(と思う)。
よく考えると、去年出会ったオオアオイトトンボと見た固体の中には
アオイトトンボも混じっていたのかもしれません。
 
[2017/10/02(Mon) 22:20]

[1970]Re: アオイトトンボ umbr  
  No.1970 クリックすると拡大します(800×533pixel 266099bytes)
↑クリックすると拡大します (266099bytes)。
 
↑の写真を拡大したもの。
 
[2017/10/02(Mon) 22:24]

 


[1958] umbr  
  No.1958 クリックすると拡大します(800×533pixel 283887bytes)
↑クリックすると拡大します (283887bytes)。
 
徐々にですが秋っぽくなってきました。

と言いつつ「ナツアカネ」、去年は10月に入ってからようやく
姿を見せた。よく見ると毛深い。
 
[2017/09/29(Fri) 22:43]

[1959]Re: 秋 umbr  
  No.1959 クリックすると拡大します(800×533pixel 299114bytes)
↑クリックすると拡大します (299114bytes)。
 
毛深いと言えばこれ、ヒメウラナミジャノメ。

沢山居るのだが一斉にバラバラ逃げるので撮りにくい。
 
[2017/09/29(Fri) 22:49]

[1960]Re: 秋 umbr  
  No.1960 クリックすると拡大します(800×533pixel 299222bytes)
↑クリックすると拡大します (299222bytes)。
 
御開帳したが、地味だ。暗い所ばかり選んで逃げるし・・
 
[2017/09/29(Fri) 22:52]

[1961]Re: 秋 マルタン2号  
  No.1961 クリックすると拡大します(800×533pixel 454428bytes)
↑クリックすると拡大します (454428bytes)。
 
秋らしいといえば、イチモンジセセリもその仲間です。
よく見ると、この蝶も毛深いですね。
 
[2017/09/30(Sat) 05:02]

[1962]Re: 秋 umbr  
  No.1962 クリックすると拡大します(600×800pixel 268605bytes)
↑クリックすると拡大します (268605bytes)。
 
今の時期よく見るセセリチョウは地味に可愛い。

考えるとチョウはみんな毛深いですね、特に羽化したての若いチョウは
まるで犬か猫のようにモフモフです。
ヒメウラナミの場合顔のあたりの毛が長いので目立ちますが。。
 
[2017/09/30(Sat) 18:50]

 


[1953]カマキリ umbr  
  No.1953 クリックすると拡大します(800×533pixel 255166bytes)
↑クリックすると拡大します (255166bytes)。
 
見上げると、オオカマキリ。
 
[2017/09/23(Sat) 17:56]

[1954]Re: カマキリ umbr  
  No.1954 クリックすると拡大します(800×533pixel 253950bytes)
↑クリックすると拡大します (253950bytes)。
 
ハラビロカマキリのファイティングポーズ。

この後、カメラに襲い掛かってきた。
 
[2017/09/23(Sat) 17:59]

[1955]Re: カマキリ umbr  
  No.1955 クリックすると拡大します(800×532pixel 266467bytes)
↑クリックすると拡大します (266467bytes)。
 
キイトトンボの顔はカマキリに似ているんじゃないか??
と、思ってUPで撮ったがだいぶ違うようだ。

偽瞳孔みたいなのが見えたり目の色は似ている。
 
[2017/09/23(Sat) 18:06]

[1956]Re: カマキリ マルタン2号  
 
確かにキイトトンボの顔はカミキリに似ています。

カマキリもトンボも肉食だから、
何となく顔つきも似るのかもしれませんね。
 
[2017/09/23(Sat) 19:31]

[1957]Re: カマキリ umbr  
  No.1957 クリックすると拡大します(800×532pixel 197576bytes)
↑クリックすると拡大します (197576bytes)。
 
モンシロチョウを喰うカマキリ、腹の足しになるのか??
 
[2017/09/24(Sun) 20:11]

 

(続きのリンクは右にあります⇒)

No. Password



- Baden Board PHP5 -

Powered by SpaNavi_FreeBBS
 
Valid HTML 4.01! Valid CSS!
uid= quercus77